来客応対―名刺交換・席次編

コラム

来客応対―名刺交換・席次編

今日は来客応対について説明します。来客応対は重要で、もしマナー違反になってしまうなら、お客様からクレームを受けたり、不快な思いにさせてしまったり、会社に恥をかかせてしまったりという事態にもなるかもしれません。お客様にいい印象を与えましょう!

1. 名刺交換の基本原則

  1. 文字に指がかからないようにしましょう!
  2. 名刺は相手に向けて出しましょう。
  3. 社名、部署名、氏名を相手に伝えながら名刺を差し出します。(示すように)
  4. 相手も名刺を出している時は、相手よりも低い位置で名刺を差し出しましょう。
  5. 交換する時に、右手で名刺を差し出し、左手で相手の名刺を受け取ります。
  6. 受け取った名刺にはすぐに右手を添えます。
    ※相手の名前が読めなかった場合、交換の際に読み方を確認しましょう!

2. 席次の基本

最も良い席を「上座(かみざ)」と呼んでいます。それに対し、おもてなしをする側や目下がつく席を「下座(しもざ)」といいます。基本的には入り口に最も近い席が下座となり、入り口から最も遠い席が上座となります。

以下のイラストをご参照ください!
赤:お客様
青:おもてなしをする側
①→④:上座→下座

Basic rules about arranging seats
Basic rules about arranging seats in taxi
お気に入りのSNSでシェア

コメントを残す