会社員としてビジネス常識

コラム

会社員としてビジネス常識

ビジネスマナーとは、ビジネスを円滑に進めるための礼儀作法です。ビジネスマナーを無視してしまったら、他人に取り締まられることはないかもしれませんが、取引先や同僚からの信用を失う可能性があります。特に、日本は高文脈文化であり、相手がある程度の知識を持っていることを前提に話しているので、「察する」「行間を読む」という非言語なコミュニケーションを多用しています。

会社とは、共通の目標を達成するために、人々が役割を分担して協力し働く集団であります。外出している時に、自分は会社の代表として意識してください。何故ならば、自分の動き、態度、言葉遣いが会社の印象を決定づけられるからです。

挨拶と笑顔
あ:明るく
い:いつも
さ:先に
つ:続けて会話に

「ありがとう」の一言で、人は意欲と幸福感を感じられています。

笑顔の魔法
笑顔で安心感を与えられて、信頼を勝ちとることができます。仕事で人間関係を築く上で重要な笑顔を忘れないように!

誠実な笑顔の方法
1. 誠実な笑顔は目の周りの筋肉を自然に動かす
2. 口角が上がっている
3. 上の歯8本を出ている

言葉遣い
1.命令形から依頼型へ
・何とかしてください。➔ご配慮いただけませんか。
・帰ったら伝えておきます。➔戻り次第申し伝えます。
・うちの誰を呼べばいいですか?➔失礼ですが、誰をお呼び致しましょうか?
・後で行きます。➔後程伺います。
・確かに伝言を受け取りました。➔確かにご伝言を承りました。
2.肯定的に答える
・分からない時、確認してから返事します。
3.分かりやすい言葉を使いましょう
・専門用語を避けましょう。
4.少なくとも丁寧語を使いましょう
・人を呼ぶ時も必ず「さん・様」をつけましょう!

コメントを残す