Q&A


求人企業様からよくあるご質問

国籍等さまざまな要素によりますが、ビザ申請開始から概ね2~3カ月程度です。
実習生は3~5年間しか日本に滞在できませんが、スタッフィング・ジャパンの人材は技術ビザ等の在留資格を持ち、長く日本で働くことが出来ます。また、高等教育を受けた人材がほとんどですので、この点も実習生との違いの一つです。
人材や貴社のご要望により異なりますが、来日までに日常会話レベル(日本語能力試験3級程度)の習得を目指します。

外国人求職者からよくあるご質問

日本に来る前に日本語能力試験のN3級位のレベルには最低到達していないと仕事の指示も聞けないので日本で働くのは難しいと思われます。来日後も継続して日本語の勉強をして、一年後にはN2級が期待されます。
在留申請が許可される前後で就労先への通勤が便利な地域の物件をスタッフィング・ジャパンが数件ピックアップします。その中からご自身が選んでいただきます。就労先によっては寮を用意しているところもあります。
基本的な生活費は食費、光熱費(水道、ガス、電気)、住居費となります。その他個人の希望に応じて、インターネット使用料や携帯電話使用料などが発生します。
所得税、住民税、社会保険等が控除されます。
就労先の会社によって異なりますが、日本での基本的な労働時間は、休憩時間1時間を除き、1日8時間で、週40時間です。残業があった場合、残業代が支給されます。
渡航費用、入国前健康診断費用、ビザ取得費用などです。就労先によっては負担していただけることもあります。初回の給与が支給されるまでの当面の生活費用も必要となります。

お問い合わせ
日本の現在時刻 18:29:17
名古屋本社: +81-(0)52-973-3953
東京オフィス: +81-(0)3-5449-1555