日本のハンコ文化

コラム

日本のハンコ文化

日本では、日常生活や職場でハンコを使う機会が多くあります。しかし、ハンコには、色んな種類があり、使うルールもたくさんありますので、ここで説明していきたいと思います。

ハンコが日本で重視される背景には、法律的な裏付けもあります。民事訴訟法第228条4項で「私文書は、本人又はその代理人の署名又は押印があるときは、真正に成立したものと推定する」と定めています。そのうえ、「有印公文書偽造」や「有印私文書偽造」は刑法第155条と刑法第159条で犯罪とされています。更に、ハンコは本人の意思に基づいたものであり、重要な地位が認められている判例も出ています。

【① 個人編】

日常生活には、銀行や区役所などのところに手続きをする時に、ハンコが必須です。しかし、ハンコは大きくシャチハタと印鑑に分けられ、この二つの違いは外国人にとっては分かりにくいものです。

印鑑(個人編)

【② 法人編】

職場では、プライベートより、ハンコの種類はもっと多いです。更に、社印を押印する前に、必ず上司の同意を得なければならなりません。

印鑑(法人編)

写真提供:Photock

お気に入りのSNSでシェア

コメントを残す